Company(

株式会社フィート

Company Profile

会社概要

商号 株式会社フィート (英文名称: FEAT Limited)
所在地 東京都新宿区大久保一丁目1番7号 高木ビル4F
役員 代表取締役 大田 健二
取締役 有光 哲彦 博士(工学)
取締役 三澤 昇平
監査役 髙瀨 実
資本金 1,200万円
設立 平成17年4月15日
事業内容 ▶多言語音声翻訳アプリケーションサービスの提供
▶多言語音声翻訳、多言語対応システムの開発・構築・運用
▶自然言語処理や機械翻訳技術応用製品の開発・製作
株主 株式会社シルク・ラボラトリ (100%)
関連会社 株式会社IC
株式会社シルク・ラボラトリ

ISO Certification

ISO認証取得

ISO認証取得は、こちらをご参照ください

Information Security Policy

情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ方針は、こちらをご参照ください

Clients

取引先

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)、成田国際空港株式会社、KDDI株式会社、国立大学法人東京大学、開隆堂出版株式会社、総務省、TOPPAN株式会社、株式会社日立情報通信エンジニアリング、株式会社デンソー、株式会社グローセル、西日本旅客鉄道株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ・アド、株式会社NTTドコモ、ソフトバンク株式会社、楽天モバイル株式会社、株式会社イオン銀行、株式会社東陽テクニカ、株式会社エステック、他 (順不同,敬称略)

Patents

特許

収音装置、収音プログラム及び収音方法 特許公報 特開2020-53920:特願2018-183817
異音等検出システム、装置、方法及びプログラム 特許公報 特開2020-64286:特願2019-166247
異音等検出システム、装置、方法及びプログラム 特許公報 特許第7377387号:特願2023-061681
機能音提示システム、装置、方法及びプログラム 特許公報 特許第7432066号:特願2023-572610
「どこでも翻訳」 登録5864827(商願2015-125683)
「FEAT」 登録6699305(商願2022-136232)
「FEAT」 登録6699306(商願2022-136233)
「Sound Space Smart」 登録6699304(商願2022-136230)

※「FEAT」は株式会社フィートの商標登録です。他、多数の特許出願経験を有します。

Awards

受賞

  • 2013年8月「NariTra」サービスの実用化事例に対して、NICT、NAA社、及び、フィート社の連名で、第11回「産学官連携功労者表彰総務大臣賞」を受賞
  • 2017年8月「こえとら」アプリの開発と展開の事例に対して、NICT、電気通信事業者協会、及び、フィート社の連名で、第15回「産学官連携功労者表彰総務大臣賞」を受賞
  • 2023年3月 有光 哲彦 博士(工学)が一般社団法人日本音響学会における第10回「学会活動貢献賞※」を受賞 ※学会活動の活性化に多大な貢献があり、将来にわたり学会及び関連する研究領域の発展に大きな寄与が期待できる正会員に贈呈

Papers

論文

  • 有光 哲彦,テオリン アクセル,ほか,「体内時計を考慮した高年層の日常イベントに対する生活機能音の印象評価」,日本音響学会 2024年春季研究発表会,2024
  • 有光 哲彦,テオリン アクセル,ほか,「高齢者見守り支援のための認知機能に基づくサウンドデザイン」,日本音響学会 2023年秋季研究発表会,2023
  • 有光 哲彦, テオリン アクセル, ほか,「印象評価および生理指標に基づく体内時計を考慮した生活機能音の評価」,日本音響学会 2023年秋季研究発表会,2023
  • 有光 哲彦, テオリン アクセル,ほか,「加速度および角速度に基づくロバストな扉開閉動作の状態推定」,日本音響学会 2023年秋季研究発表会,2023
  • 有光 哲彦,テオリン アクセル, ほか,「隠れマルコフモデルによるパワートレインの衝撃性異音検知」,自動車技術会論文集,54 巻 2 号,pp. 265-270,2023
  • 有光 哲彦, テオリン アクセル, ほか,「隠れマルコフモデルによるパワートレインの衝撃性異音検知」,自動車技術会大会学術講演会講演予稿集(Web),pp. 1-6,2022
  • 有光 哲彦,ほか,「失語症者の復職支援における会話支援アプリの活用可能性の検討~聴覚障がい者向け会話支援アプリ「こえとら」活用事例から~」,職業リハビリテーション研究・実践発表会発表論文集,2020
  • 有光 哲彦,ほか,「社会自立に向けたコミュニケーションアプリ活用実践」,第54回全日本聾教育研究大会(埼玉大会),pp.1-2,2020
  • 有光 哲彦,「音のデザイン:豊かな社会の実現に向けて-マルチモダリティ知覚における機能音のデザイン-機能性を有するスマート・サウンドスペース-」,日本音響学会誌,74巻,11号,pp.603-607,2018
  • その他(多数実績有)
  • 所属学会:自動車技術会日本音響学会日本機械学会映像情報メディア学会日本騒音制御工学会情報処理学会,ヒューマンインタフェース学会(元),精密工学会(元)ほか

Access Map

アクセスマップ

〒169-0072
東京都新宿区大久保一丁目1番7号 高木ビル4F
TEL:03-5287-7391 FAX:03-3204-5984

History

沿革

  • 2005年 4月  音声翻訳技術などの研究開発成果展開を目的とし、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)の関連会社として、ATR音声言語コミュニケーション研究所の関係者が中心となり株式会社コーポラテックを設立
  • 2006年12月  コーポラテック社が、auの公式アプリとして英語語学能力測定アプリを提供開始(株式会社シルク・ラボラトリが開発・運用を担当)
  • 2010年 5月  シルク・ラボラトリ社がコーポラテック社の株式の一部の譲渡を受け、社名を株式会社フィートに改称
  • 2011年12月  独立行政法人情報通信研究機構(NICT)から技術移転を受けて、多言語音声翻訳アプリ「NariTra」を開発。フィート社からのライセンス提供により、成田国際空港株式会社(NAA)がNariTraアプリサービスの提供を開始
  • 2012年12月  NICTからの技術移転を受けて多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra+」の提供を開始
  • 2013年 7月  フィート社からのライセンス提供により、KDDI株式会社が「おはなしアシスタント」サービスの音声翻訳機能の提供を開始
  • 2013年 8月  「NariTra」サービスの実用化事例に対して、NICT、NAA社、及び、フィート社の連名で、第11回産学官連携功労者表彰総務大臣賞を受賞
  • 2014年 7月  NAA社が、フィート社の開発による「訪日外国人向けおもてなしアプリTABIMORI」の提供を開始
  • 2014年11月  「グローバルコミュニケーション開発推進協議会」に設立発起人として参画
  • 2015年 2月  NICTからの技術移転を受けて、聴覚障がい者支援アプリケーション「こえとら」の提供を開始
  • 2016年 2月  サーバーレス型音声翻訳アプリ「どこでも翻訳」の提供を開始
  • 2017年 4月  NICTからの技術移転を受けて、聴覚障がい者支援アプリケーション「SpeechCanvas」の提供を開始
  • 2017年 8月  「こえとら」アプリの開発と展開の事例に対して、NICT、電気通信事業者協会、及び、フィート社の連名で、第15回産学官連携功労者表彰総務大臣賞を受賞
  • 2020年 6月  聴覚障がい者支援アプリの法人版「SpeechCanvas for Biz(スピーチキャンバス フォービズ)」の提供を開始
  • 2021年 6月  情報セキュリティマネジメントシステム(Information Security Management System: ISMS)の国際規格である「ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014」の認証を取得

音声翻訳言語対応表

取扱い言語一覧※2024年1月

言語 音声認識 音声合成 機械翻訳
日本語
英語
中国語(簡体字)
中国語(繁体字)
韓国語
タイ語
フランス語
インドネシア語
ベトナム語
スペイン語
ミャンマー語
フィリピン語
アラビア語
イタリア語
ウクライナ語
ウルドゥ語
オランダ語
クメール語
シンハラ語
デンマーク語
ドイツ語
トルコ語
ネパール語
ハンガリー語
ヒンディ語
ポルトガル語
ポルトガル語(ブラジル)
マレー語
モンゴル語
ラーオ語
ロシア語
   

Press Kit(Coming soon.)

株式会社フィートののロゴやプレス関連資料をダウンロードいただけます。

ダウンロード
English